社会貢献活動History

社会貢献History

OUR CULTURE : History
社会貢献活動のはじまり

「人々がより豊かになるための力となる(Be a Force for Good)」というミッションの実現を目指し、次の世代を担う子どもたちのための活動をスタート。現在は2つの活動「Force for Good」「ナリッシュ ザ チルドレン」を軸にさまざまなことに取り組んでいます。

 

1984年 ニュー スキン 創業

創業当時からニュー スキンは「人々がより豊かになるための力となる」という企業理念のもと、心からよい製品だと思えるものだけを、世界中の方々にお届けしてきました。

 

 

1993年 Force for Goodという言葉の誕生

1993年、創業者のブレイクM.ローニーが「私たちが一丸となって世界を良くする力(Force for Good:フォース フォー グッド)になることを目指したい」と語りました。これが「Force for Good」という価値観が明確化された瞬間でした。

 

 

1996年 エスネピック製品と連携
エスネピック製品群

エスネピック シリーズは、開発にあたり、世界中の先住民から植物の知識を授かりました。これらの知識を与えてくれた現地の方に感謝し、より豊かな生活を実現できるよう世界各地で「Force for Good Campaign」を展開。エスネピック製品1個お買い上げにつき、25セントが寄付され、先住民の文化の継承、環境保護、難病根絶、そして孤児援助など子どもたちの未来のために役立てられています。

 

 

1998年 ニュー スキン Force for Good財団設立
子どもたちのために、より良い世界を創る Force for Good

1996年のエスネピック Force for Good Campaignから2年後、ニュー スキン エンタープライズは、この貢献活動をカタチにするため、正式にニュー スキンForce for Good財団を設立しました。

 

 

2002年 ナリッシュ ザ チルドレン(NTC) 開始
ナリッシュ ザ チルドレン ロゴ

ナリッシュ ザ チルドレンは、食糧支援に最適な栄養食「ビタミール」を、飢えと栄養不良に苦しむ世界中の子どもたちに無償で提供するプログラムです。日本では2003年にスタートしました。

 

 

2006年 ニュー スキン ジャパン Force for Good基金を設立

「日本国内でも支援の輪を広げたい」という多くの声により設立。日本の会員のみなさまと社員からの寄付は、支援団体とコラボレートしながら、児童養護施設や東日本大震災被災地、マラウイ共和国の子どもたちへの支援に役立てられています。

 

 

2016年 One for Smiles スタート
One For Smiles ロゴ

ニュー スキン ジャパンでは、全製品の売上利益の1%を社会貢献活動に役立てる「One for Smiles」プログラムをスタート。会員のみなさまがお気に入りの製品を使っていただくことで、さまざまな支援につながります。好きな製品を使って子どもたちを笑顔にしましょう。

 

 

2018年「ビタミール」寄付累計6億食を超える
「ビタミール」寄付累計6億食を超える

ナリッシュ ザ チルドレン プログラムを通じて飢えや栄養不良に苦しむ子どもたちに寄付された「ビタミール」が、累計で6億食を突破しました。

 



FOR CHILDREN'S SMILES

子どもたちの笑顔のために

新規会員登録 ブランド メンバー登録