エイジング ケア アドバイザリーボード

エイジング ケア アドバイザリーボード

ニュー スキンのエイジング ケア アドバイザリーボードは、エイジング ケア研究の第一人者で構成されています。
深い知識をもつ世界的科学者たちからの的確なアドバイスは、製品を生み出すための礎となっています。

 


advisoryboard_img01

ラーズ ボーリン 博士
ウプサラ大学(スウェーデン) 教授

  • 30年以上にわたり、生薬学分野で活躍
  • 新薬開発につながる構造活性相関の解明に取り組み、母国スウェーデンの海洋生薬学の発展に貢献
  • 複数の科学誌にて編集顧問委員を務める
  • 130本以上の研究論文、論評、書籍を共同執筆
  • 生物活性天然物の特許出願や商業開発プロジェクトにも参加

advisoryboard_img02

ポール A. コックス 博士
民族薬学研究所 脳化学ラボラトリー 理事

  • 先住民の植物の利用方法を研究する民族植物学の世界的権威
  • 「国立科学財団 若い研究者を対象とした大統領賞」を受賞
  • 世界各地の大学で、研究・教育活動に取り組む
  • スウェーデン初の「カール グスタフ16世国王 環境科学教授」を務めた
  • 200本以上の科学論文を「Science」等の権威ある科学誌に発表
  • ハワイとフロリダにある連邦アメリカ議会認定「国立熱帯植物園」の園長を務めた
  • 現在は「民族薬学研究所 脳科学ラボラトリー」理事、「シーコロジー」会長
  • スウェーデン王立科学アカデミーが、植物学者でもある国王の50歳の誕生日を記念して設けた客員教授のポスト。

advisoryboard_img03

ゾーイ ドレイロス医学士
デューク大学 顧問教授

  • アメリカで皮膚科専門医の認定を受けた臨床医。アメリカ皮膚病学会会員
  • デューク大学 医学部 皮膚科 顧問教授
  • 美容皮膚科学分野における先駆者として知られる
  • 研究実績や皮膚科学分野への貢献が認められいくつもの賞を受賞
  • 2005年より「Journal of Cosmetic Dermatology」誌の編集長を務める
  • 500以上の研究でPI(研究責任者)を務め、78枚の研究発表ポスターおよび540本以上の研究論文を執筆・発表

advisoryboard_img04

セサル フラーガ 博士
ブエノスアイレス大学(アルゼンチン) 教授

  • 植物生理活性物質が健康維持に果たす役割を、栄養と薬理効果の観点から研究
  • これまでに発表した150本以上の論文は、その大半が大きな影響力をもつ雑誌に掲載され、引用された回数は14,000回を超える
  • 『Free Radical Biology and Medicine』や『Molecular Aspects of Medicine』等、複数の科学誌や専門誌で編集委員・編集者を務める
  • アメリカ栄養学会、国際フリーラジカル研究学会、ヨーロッパ フリーラジカル学会、イギリス王立化学協会、ニューヨーク科学アカデミーほか、多数の学会に所属

advisoryboard_img05

中西 香爾 博士
コロンビア大学 名誉教授

  • イチョウ成分研究の第一人者
  • 長年にわたる精力的な研究が認められ、「アラブのノーベル賞」と呼ばれる「キングファイサル国際賞」を科学部門で受賞したほか、約10の国や地域、多数の科学団体から賞を受ける
  • 発表した科学論文は700本以上に上り、自伝含む9冊の著書をもつ

advisoryboard_img06

トーマス A. プロラ 博士
ライフジェン テクノロジーズ社共同創業者 ウィスコンシン大学 教授

  • 遺伝子発現プロファイルと寿命学、組織病理学の応用を研究
  • 研究者としての優れた業績が認められ、さまざまな賞を受賞
  • 2001年には、ニュートリゲノミクス(栄養情報科学)を専門としたライフジェン テクノロジーズ社を設立
  • 発表した論文は、「Science」などの権威ある科学誌に掲載

advisoryboard_img07

ヒルデベルト ワーグナー 博士
ルートビィッヒ・マクシミリアン大学(ドイツ) 名誉教授

  • 1950年から現在に至るまで薬学研究に取り組む
  • 1965年ルートビィッヒ・マクシミリアン大学 生薬学 正教授となり、のちに1999年まで同大学 生物薬学研究所 所長を務めた
  • 多数の国際的な科学研究機関から高い評価を受け、複数の大学から名誉学位を授与
  • 複数の科学誌において、顧問委員または編集委員を務める

advisoryboard_img08

モリー ワナー 医学士
ハーバード大学 講師

  • アメリカで皮膚科専門医の認定を受けた臨床医
  • 局所的な美容製品、脂肪とセルライト、レーザー美容機器を中心に、レーザー美容皮膚科学研究に取り組む
  • ハーバード大学 医学部では皮膚科の講師として後進の指導に当たる

advisoryboard_img09

パトリシア オテイサ 博士
カリフォルニア大学 デービス校 教授

  • 生物活性物質と微量元素が人の健康に与える影響を主な研究テーマにもつ
  • これまでに発表した研究論文は130本以上
  • さまざまな科学誌で編集委員・編集顧問委員を務める
  • 2017年、薬学と生化学における研究が評価され、ルネッサンス フランセーズ(フランス)から金メダルを授与

新規会員登録 ブランド メンバー登録