コンプライアンス教育

 

コンプライアンス教育

ビジネス会員の一人ひとりが、社会の一員としての自覚と責任をもって活動できるよう、
さまざまな形でコンプラインス教育を行っています。

コンプライアンスに関する報告

ニュースキンでは、代表取締役社長および上級管理職をメンバーとするコンプライアンス委員会を設置しています。そして、ビジネス会員の活動を検証・監視しながら、コンプライアンスおよび消費者保護を徹底するよう指導しています。

会員教育への取り組み

ニュースキンでは、コンプライアンスに関する規定のテストに合格しないと、ビジネスを始めることはできません。また、テストに合格したあとも、各種トレーニングや印刷物をとおして、関連法規やブランド メンバー規約等の徹底を強化しています。

 

 

 

報酬額の公開

ニュースキンでは、ビジネス会員が受け取る報酬額について誤解が生じないようにするために、平均報酬額に関する資料を公表しています。また、ビジネス会員が報酬額について説明する際は、必ずその資料を使用するよう指導しています。