サンライト35 (SPF35・PA+++)

サンライト35(SPF35・PA+++)

製品名(英語) Sunright 35 (SPF 35 PA+++)

全身の肌に使える日焼け止めクリーム

2014年4月1日(火)より、成分変更に伴いリニューアルいたしました。全身に使えるウォーターレジスタント(比較的水に強い)の日焼け止めクリームで、紫外線から肌の潤いを守りながらエイジング ケアします。爽やかなフレッシュウォーターの香りです。

[SPF値とは]
Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で、紫外線B波の防止効果を表すものです。目安としては、20~30分間日光浴をしたあとの肌の状態を1とし、その倍数で紫外線防止効果の持続時間を示します。現在日本では、SPFの上限は「50+」です。

[PA値とは]
Protection Grade of UVA(プロテクショングレイ ドオブ UVA)の略で、紫外線A波の防止効果を表す指標です。PA+からPA++++の4段階で、+が多いほど高い効果を表し、PA+は「効果がある」、PA++は「かなり効果がある」、PA+++は「非常に効果がある」、PA++++は「極めて高い効果がある」を表しています。

 

  • 整肌成分
    ヘマトコッカスプルビアリスエキス
  • 皮膚保護成分
    センナリホオズキエキス
  • 保湿成分
    アロエベラ液汁

購入

製品詳細

  • セールスポイント

    1. 紫外線散乱剤配合(ノンケミカル)の日焼け止めクリームです。

    2. SPF35、PA+++で、紫外線A波、B波から肌を守ります。

    3. 軽い感触でお肌に優しく、毎日使え、エイジング ケアもできる日焼け止めクリームです。

  • 使い方

    日光にあたる前に、肌に十分なじませてください。泳いだあとや汗をかいたあとは、タオルで水分を拭き取ってから、こまめに塗り直してください。お子様にご使用の場合は、保護者の監督のもとでご使用ください。

  • Q&A

    Q1: サンライト 35 (SPF35・PA+++)を使用したあとの洗顔方法は?

    A1: メイクをしている場合は、フェイス クレンジング ジェルなどでメイクを落としてから洗顔料を使用する、ダブル洗顔をしてください。サンライト 35のみを使用している場合は、普通のクリームより落ちにくいウォーターレジスタント タイプなので、洗顔料を使っての2度洗いをおすすめします。

  • 成分

    (全成分)


    炭酸ジカプリリル
    シクロペンタシロキサン
    酸化亜鉛
    酸化チタン
    ジグリセリン
    アロエベラ液汁
    カプリリルメチコン
    酒石酸ジアルキル(C12,13)
    安息香酸アルキル(C12-15)
    ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
    ジメチコン
    塩化Na
    センナリホオズキエキス
    ビサボロール
    パンテノール
    サフラワー油
    アラントイン
    カプリル酸プロピルヘプチル
    トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
    トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン
    シリカ
    ステアラルコニウムヘクトライト
    ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
    (ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー
    (アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー
    (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
    (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー
    炭酸プロピレン
    ヘマトコッカスプルビアリスエキス
    トコフェロール
    クエン酸Na
    フェノキシエタノール
    クロルフェネシン
    香料

  • ADPについて

    オートマティック デリバリー プログラム(ADP) 割引対象製品です。

Divider