創業者

創業者

ブレイク M. ローニーの写真

ブレイク M. ローニー

創業者

 

1983年、ブリガムヤング大学マリオット スクール オブ マネジメントで企業財務 学士号を取得。ニュー スキン創業の1984年から1996年まで社長 兼 最高経営責任者、1996年~2012年には会長を務めました。ローニーの指揮の下、ニュー スキンは世界有数のダイレクト セリング企業に成長し、1996年にはニューヨーク証券取引所に上場。現在、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の50以上のマーケットで製品を販売しています。

 

ローニーは、ビジネスと社会貢献活動の両分野で功績が認められて多くの表彰を受けています。2004年には「ユタ州でもっとも影響力のある100人」の1人に選出。2009年はインターナショナル ビジネス 会長部門賞に輝き、2011年にはアーンスト & ヤング年間最優秀 起業家賞プログラムのユタ地域 特別功労賞、およびユタ郡商工会議所主催のピラー オブ ザ バレー賞を受賞。ソルトレイク コミュニティ カレッジから名誉人文学博士号を授与され、アフリカ マラウイのタリマンジャ村からは名誉村長に任命されました。8人の子どもの父親であり、コミュニティや大学でいくつもの役員を務め、市民団体や教会の活動にも積極的に参加しています。

 


スティーブン J. ランド

スティーブン J. ランド

エグゼクティブ チェアマン 兼 ナリッシュ ザ チルドレン エグゼクティブ ディレクター

 

1983年、ブリガムヤング大学J. ルーベン クラーク ロースクールで法務博士号を取得し、ニュー スキン入社前は、訴訟および製造物責任法を専門とする法律事務所の弁護士。ユタ州法曹協会、アリゾナ州法曹協会、アメリカ法曹協会所属。アメリカ訪問販売協会役員を務めた経験もあります。1996年11月~1998年5月はニュー スキン アジア パシフィック(NSAP)社長 兼 最高経営責任者、1998年~2003年はニュー スキン エンタープライズ 社長 兼 最高経営責任者、2006年~2012年に同社の副会長を歴任後、エグゼクティブ チェアマンに就任。また、1984年の創業以来、ニュー スキン インターナショナル社(NSI)の副社長も務めています。

 

さまざまな市民団体や教会の活動でもリーダーシップを発揮しており、現在は、ユタ バレー大学評議員会会長を務めています。また、ランドがエグゼクティブ ディレクターを務めるナリッシュ ザ チルドレン プログラムを通じて、累計5億食以上が世界中の栄養不良の子どもたちに届けられています。

 


サンディ N. ティロットソンの写真

サンディ N. ティロットソン

創業者 兼 エグゼクティブ バイスプレジデント

 

ブリガムヤング大学で教育学の学士号を取得後、教師となり、ユタ州の多くの公立学校の教壇に立ちました。その後、1984年のニュー スキン創業に参画し、初期の製品開発とグローバル マーケティング プランの策定を推進。2012年までニュー スキンの取締役員を務め、同社が年間売上高10億ドルを超えるグローバル企業へ成長する基盤づくりに貢献しました。1993年、『ワーキング ウーマン』誌が選ぶ「女性経営者 全米トップ10」に名を連ね、2001年にはケイティー コーリックやオプラ ウィンフリー、サンドラ デイ オコナーなどと共に『フェミニン フォーチュンズ』誌の「ウイメン オブ ザ ニュー ミレニアム 50人」、2011年には『ユタ ビジネス』誌の「注目すべき女性 30人」の1人に選出されています。

 

慈善活動にも積極的に参加し、ニュー スキンForce for Good財団の役員として同財団のミッション(「子どもたちが病気や貧困に苦しむことなく、十分な教育を受けられ、希望をもってより豊かに暮らせる環境をつくる」)の実現に取り組むと共に、国際的な非営利団体・シーコロジーのバイスプレジデントとして島々の環境や文化の保全に尽力。実業家として、慈善家として活躍しながらも、4人の子どもと7人の孫との時間を大切にしています。

Divider