ニュー スキンの創業時代

ニュー スキンの創業時代

1984年 アメリカ・ユタ州プロボから世界へ


あなたにとって良いものだけを

aboutcompany01

ニュー スキン製品誕生のきっかけは、創業者であるブレイク M. ローニーの姉が投げかけた素朴な疑問、「なぜ、人の肌にとって良いとされる成分だけでつくられた製品がないのかしら?」の一言でした。ブレイクは、肌にとって良いものだけの成分リストをつくり、納得のいく製品を完成させました。その時のリストが、今のニュー スキンの“All of the Good, None of the Bad.あなたにとって良いものだけを”をモットーにした製品づくりの原点となっています。人にやさしい、より良い成分を厳選した製品を求め集まった数多くの人々を見て、ブレイクは実感しました。「製品が素晴らしければ、使った人はその良さを周りの人に伝える。自分で使ってみたいと思うものは、ほかにも使ってみたいと思う人がいるはずだ」。 ニュー スキンの製品づくりの哲学と、ビジネスはここから始まりました。


ダイレクト セリング業界のリーディング カンパニーへ

aboutcompany02

製品ラインアップは約350アイテムに増え、事業分野もパーソナルケア製品から、栄養補助食品、そしてインターネット テクノロジーへと大きく広がりました。1996年、世界有数のダイレクト セリングの会社として、ニューヨーク証券取引所に上場。現在では、約50の国や地域でビジネスを展開するグローバル企業に成長しました。日本へは1993年に進出を果たし、以来、大阪エクスペリエンス センター、福岡エクスペリエンス センター、物流センター、コールセンター、名古屋エクスペリエンス センターをオープン。消費者保護を最優先に、より良い製品と堅実なビジネス チャンスを提唱する会社として安定した成長を続けています。

Divider