からだでいきる。未来が変わる。LifePak® Nano+

lp_lifepak-nano-p_top
lp_lifepak-nano-p_logo
lp_191018_product-nanopuls_

 

先行販売 概要

対象者
2019年11月付ブランド レプリゼンタティブ以上
販売期間
2019年12月24日(火)~ 26日(木)にご注文<3日間限定>
購入特典
ライフパック ナノ プラスの特長が分かるブローシャー(1箱につき5部)
購入制限
1 IDにつき2箱まで
製品情報
製品名:ライフパック ナノ プラス
製品コード:03004252
卸売価格:税込18,911円/税抜17,510円 PSV:123.35 CSV:14,804 シェアリング ボーナス:税抜876円
内容量:60パック/30日分目安
※正式販売時の卸売価格、PSV等は上記と同じです。
配送時期
順次

※現行製品「ライフパック ナノ EX」(製品コード:03003610)は、新製品「ライフパック ナノ プラス」正式発売以降、在庫がある限りの販売となります。終了時期は今後の在庫状況により変動いたします。あらかじめご了承ください。
※ライフパック ナノ プラスの正式発売は2020年1月24日(金)
※詳細は、追ってご案内いたします。


<耳より情報>
ブランド メンバー限定の情報を続々アップデートしていきますので、リニューアルのポイントをお伝えいただく際などに、お役立てください。

 

【<その1> ライフパック ナノ プラスの製品名の由来って?】

まずは、ライフパックの名前の由来。「生きること」や「元気」に大切なものを1袋にまとめ、とても便利で利用しやすいサプリメントであるという意味を込めました。 続いて「ナノ」はご存知のとおりナノテクノロジーの略です。 そして今回新たに加わった「プラス(=それを超えたもの)」という言葉の背景には、「ナノテクノロジーだけではない」という意味が。実際に新製品は、ナノテクノロジーを含む5つのメソッドを採用して開発されています。

lp_nano+_product-info

 

【<その2> 体内インベスト設計を実現する、5つのメソッド「NNNDL」について、とことん掘り下げ!】

「補う」から、体内にめぐり、しっかり「いきる」発想へと歩みを進めるライフパック ナノ プラス。 特長を3つの「違い」で説明すると、まずは……「いきる」が、違う、です。いくら補っても、それが届き、吸収されなければ力になりません。そこで、厳選の成分が体の中で働くための「体内インベスト設計」を採用。 それではここから、配合した成分のひとつひとつがしっかりその特性を活かし、リアルな力を実現するための独自の5メソッド「NNNDL」について、1つずつ順番にご説明していきます。

lp_lifepak-nanopsecond_01

 

 

Nutrient Forms 成分の構造:成分を構造式や由来から 見つめ直し、厳選

lp_lifepak-nanopsecond_02

第1のポイントは、成分を構造式や由来から見つめ直し、選り抜いた「望ましい成分」を配合していること。例えば、ビタミンEの1つ、トコフェロールは、分子の構造の違いによってカラダへの吸収や利用が変わってしまうため、効率よく利用される構造をもったd-α-トコフェロールを厳選しています。

画像:最もよく吸収・利用されるビタミンEの一種

 

 

Nutrient Interactions 成分の相互協力:成分同士の相性まで研究した組み合わせ・バランスで配合

lp_lifepak-nanopsecond_03

第2のポイントは、成分同士の相性まで研究した組み合わせとバランスで配合したこと(画像は一例)。例えば、カルシウムは、ビタミンDやマグネシウムなどを一緒に摂るといいといわれています。

画像:相性のよい成分同士

 

 

Nano Technology ナノテクノロジー:8種類の脂溶性分について独自の製法(米国で特許取得)を含むナノテクノロジーを採用

lp_lifepak-nanopsecond_04

第3のポイントは、ナノテクノロジー。吸収されにくい脂溶性成分には、米国で特許取得の独自製法によるナノテクノロジーを応用し、吸収を効果的にサポートしています。

※画像はイメージです。

 

 

Delivery Format 摂取方法:摂取しやすい形とサイズ続けやすさへのこだわり

lp_lifepak-nanopsecond_06

第4のポイントは、だれも*が摂取しやすい形とサイズ。続けやすさへのこだわりを追求した結果、タブレット形状を採用しました。
その昔、タブレットは吸収されにくいといわれていた時代もありましたが、現在のタブレット製造技術では、カプセルと変わらない分解が可能です。
*成人以上

画像:ライフパック ナノ プラス1袋の中身

 

 

Liponutrients リポニュートリエント:吸収されにくい脂溶性成分を体内でいきるライブな成分として届くようカプセル化

lp_lifepak-nanopsecond_05

第5のポイントは、リポニュートリエントという方法。吸収されにくい脂溶性成分を体内でいきる成分として届くように、オメガ3系脂肪酸などの油と独特な方法・プロセスで混合し、ソフトカプセル化しています。

画像:ソフトカプセル化された脂溶性成分の一例


 

 

 

【<その3> 33種類の配合成分の中でも今話題の「β-クリプトキサンチン」って、だれにおすすめ?】

ライフパック ナノ プラスの「違い」、続いては、配合の質が、違う、です。日本人の栄養状態や外的環境、また研究発表なども刻々と変化しているなかで、今回、配合成分を全面的に見直し、厚生労働省による基準値*を上回る高含有のビタミン・ミネラルをはじめ、自然の恵みを科学した33種類の栄養を、理想と考えるこだわりのバランスで1袋に凝縮。
また、配合成分を見直した際に、現代人に不足しがちな5つのミネラル成分(亜鉛、銅、マンガン、クロム、モリブデン)と注目の成分β-クリプトキサンチンを今回、新たに配合しています。

*栄養素等表示基準値(2015)のこと。厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準(2015年版)」をもとに消費者庁が設定。日本人の1日に必要な栄養素の量の平均的な値としてとらえることができる。この基準値以上に含まれている成分:ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、亜鉛、銅、セレン、クロム、モリブデン

 

<β-クリプトキサンチンにクローズアップ>

■そもそもβ-クリプトキサンチンって何?
みかんの色素となる成分で、トウガラシやパプリカなどにも含まれている話題のカロテノイドが、β-クリプトキサンチンです。

■どんな人におすすめ?
β-クリプトキサンチンは、お酒を飲まれる機会が多い方、生活習慣を気にされている方からも近年、注目されています。

lp_191031_lifepaknanop_03-1

<ビタミン・ミネラル等にクローズアップ>

■栄養成分を実際の食材で摂るとしたら、こんなに!
ライフパック ナノ プラス(1日2パック)には、例えばビタミンCだったら、なんとレモン22個分、β-クリプトキサンチンは赤パプリカ2個分など、食事では摂るのが難しいであろう量の栄養成分が配合されています。

lp_191031_lifepaknanop_03-2

※写真はライフパック ナノ プラスに含まれる栄養素(ビタミン、ミネラル等)をひとつの食材に置き換えたイメージです。
ライフパック ナノ プラス に、これらすべての食材、 または食材に含有されるすべての栄養素が配合されているという意味ではありません。


 

【<その4>一足先に実物を手にした方の声を一部紹介!
「ライフパック ナノ ブラスのサイズ感、正直どうですか?」 】


ライフパック ナノ プラスの「違い」、ラストは、摂りやすい、が違う、です。
医薬品レベルに準じた基準の健康補助食品GMPとアメリカの政府機関である食品医薬品局(FDA)基準のcGMP、2つの認証を取得した国内工場にて製造。ニュー スキンのこだわりの成分を、より日本人が摂取しやすいサイズと形に一新しました。
それではここから、10月の製品トレーニングに参加して一足先にライフパック ナノ プラスを手にした方々のリアルな声をご紹介。ライフパック ナノ EXからグンと小さくなった粒に、みなさんが驚いていました!

lifepak-img-023

 

Question:ライフパック ナノ プラスのサイズ感、正直どうですか?

Answer
・「『大きくて摂れない』『喉に引っかかる』と言っていた人にも勧められるようになった」
・「NNNDLの刻印が可愛い」
・「小さい!」

正式発売に先駆け、12月24日~26日の3日間で先行販売を実施
多くの方が「小さくなって摂りやすくなった」と話すライフパック ナノ プラスを、正式発売前にみなさんもいち早くお試しいただき、ビジネスを広げるチャンスにお役立てください。
※先行販売は、2019年11月付ブランド レプリゼンタティブ以上限定です。詳細はページ上部「先行販売 概要」をご覧ください。

 

<「GMP」「cGMP」について少しご説明>

■健康補助食品GMPの認証とは!?
Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」の意味をもっています。
■アメリカの政府機関である食品医薬品局(FDA)基準のcGMPの認証とは!?
Current Good Manufacturing Practiceの略で「現行適正製造基準」の意味をもち、日本国内では約3%の工場のみが取得しています(2019年4月現在)。ちなみに、食品医薬品局のFDAは、Food and Drug Administrationの略です。

 

 

 


 

【<その5>完コピ必至! 印象を好転させるための「セールストーク」があった!】

お客様からのよくある質問に対する回答サンプルをご紹介。ぜひマスターして、お客様の心に響くセールストークを展開!

lp_nano-plus_5-1.jpg

<よくある質問>

 

Q1:お客様から「値段が高すぎます」って言われた場合は?

A1:1パック当たりに換算すると、300円にも満たない金額です。
これだけ豊富な栄養成分をバランスよく摂取するために、野菜・肉・魚などを購入したら一体いくらになるでしょう? 仮に購入したとしても、その組み合わせやバランスなどをコントロールするのは容易ではありません。
ニュー スキンの栄養補助食品は、製品化の全プロセスに6段階の厳しい基準を設けており、それを基本にしたうえで、この製品はニュー スキンの最新研究成果と製造技術をもって開発されました。
コンスタントに摂り続けて未来が変わることをイメージしながらの1パック300円、ご自身の健康維持のために、ぜひ投資してください

 

 

Q2:お客様から「こんなにたっぷり配合されているなら、1日1パックでもいいのでは?」って聞かれたら?

A2:ライフパック シリーズは1日当たり2パックを目安に摂ることをおすすめしています。 これには現代日本人にとって最適と考える栄養成分を配合するための製品設計上の理由があり、1日2パックになりました。なお、1日1パックという摂り方では「吸収だけでなく、カラダでの利用しやすさ」が低下するため、2回に分けて摂ることを推奨しています。
例えば、水に溶けやすいビタミンなどは、摂ってから数時間はカラダにとどまりますが、その後は尿などに入ってカラダから出ていってしまいます。つまり、朝まとめて一度に摂っても夜には不足してしまうのです。このような栄養素や成分は、1日2回に分けて摂ると体内にとどまるチャンスが2回になり、1日をとおして長い時間カラダの中に保たれる仕組みになっているのです。
朝晩のお食事時間に合わせるなどの工夫をして、ぜひ、健康維持の習慣化につなげてください。

 

 

Q3:お客様から「ほかのマルチバランス栄養補助食品と比べてどこが優れているの?」って聞かれたら?

A3:マルチバランス栄養補助食品として販売されている製品の中には、「ビタミン」と「ミネラル」だけというものもありますが、ライフパック ナノ プラスは「ビタミン」「ミネラル」「植物性成分」「EPA・DHA」の4つがバランスよく1パックにまとまっているのが特長のひとつであり、ニュー スキン独自の「体内インベスト設計」により、これら4つが体内でしっかり吸収されて力になるよう、考えられています。

新規会員登録 ブランド メンバー登録