スカラシップ

スカラシップ (奨学金)

 

東日本大震災直後、ニュー スキンでは、宮城県大島の家が全壊・半壊するなどして被災した45人の子どもたちに奨学金として、1 人当たり1 ヵ月3 万円ずつの奨学金を3年に渡って給付することを決定しました。ニュー スキン ジャパンのマネジメントとトップディストリビューターが参加したキックオフ イベントでは、支援先の子どもとの交流を図り、長期的な支援の実施に向け、お互いの理解を深めました。このキックオフ イベントは、大島の災害対策本部長や気仙沼市議のスピーチから始まりました。ニュースキン ジャパン 株式会社 代表取締役社長 兼 北アジア地区担当 プレジデントのライアン ナピアスキー(2011年当時)は、復興に向け日々尽力している島の方たちをたたえると共に、「震災が起きた直後から、島を守るために危険を顧みず力を尽くしてきた皆さんに、大きな勇気をもらいました。私たちニュー スキンは、これからも、復興のためのサポートを惜しみません。共に、力を合わせていきましょう」とエールを贈りました。その後、会社が用意したクリスマス プレゼントを、子どもたち一人ひとりに励ましの声をかけながら手渡しました。大島の子どもたちからも、ニュー スキンへのお礼のメッセージ カードが贈られ、大島の伝統芸能である磯草虎舞が披露されました。

 

・宮城県気仙沼市大島の子どもたちへの奨学金

 45人の子どもたちへ、1人当たり1ヵ月3万円ずつの奨学金制度を3年間実施。

 ~2012年より2014年末までの寄付金額 4,860万円~
 

・亡くなったディストリビューターの子どもたちへの奨学金

 東日本大震災で亡くなったディストリビューターの子どもたち3人へ、1人当たり1ヵ月3万円ずつの奨学金。(義務教育終了まで)

thumb_scholarship1_141120

宮城県気仙沼市大島の小学校を訪問。

thumb_scholarship2_141120

子どもたちに文房具をプレゼント。

Divider