チルドレンズ ブライター フューチャー フォー マラウイ

チルドレンズ ブライター フューチャー フォー マラウイ



2007年にニュー スキンが開始したSAFI(※)は、何世代にもわたって家族が自立できるように、農業の生産性を高めるための知識や技術を指導しているプロジェクトです。

ニュー スキン ジャパンでは、このSAFIのノウハウを活用し、家族が経済的に豊かになることでマラウイの子どもたちが栄養ある食事と学校に通う環境をつくることを目指し長期的に取り組んでいます。

SAFIで研修を受けた農業指導員(政府が雇用)が、自分の担当エリアから模範的な家族を選びます。その農家が作物を効率的に収穫できる畑をつくると、インセンティブ(報酬)として新たな作物の種をもらうことができます。自分が学んだ農業技術を周囲に教えることで報酬を得られるという、この画期的なデュプリケーション システムは、同じ村の農民たちに大きな影響を与えています。自立できる家族の数は一気に増加しました。

初年度だけで396世帯がプログラムに参加しました。

※SAFI:スクール オブ アグリカルチャー フォー ファミリー インディペンデンスの略で、家族の自立を支援する農業学校。SAFIの詳細はこちらから

 

特 長 マラウイ政府・大学と協力して培った農業教育(SAFI*のノウハウ)を、多くの村に効果的に広めるプロジェクト
世帯数 396 世帯で実施(2013年度)
生産量 通常の6 倍の収穫が可能(15袋の収穫に対し、90袋の収穫がSAFIの実績)

 

thumb_childrensbrighterfuture1_141209
thumb_childrensbrighterfuture2_141120

農業に関するさまざまな教育が行われることで、収穫率が上がり、自立への道が開かれます。

Divider